虫眼鏡と家

古くても価値ある不動産【賢く選んで理想的に暮らす】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ローン滞納に対処する業者

メンズ

地価の高騰が続く大阪では、住宅購入費用が高まることに伴って、住宅ローン滞納件数も増えています。滞納が続けば融資をしている金融機関から通達が送られますが、そのまま支払いができずにいると保証会社からローン残金が金融機関へ支払われます。いわゆる代位弁済と呼ばれるものですが、その結果債権者が金融機関から保証会社へと移ります。その時点で分割返済の権利を失い、一括での返済を要求されることになります。つまり住宅ローン滞納が続くことで、分割返済は不可能となるわけです。その後物件を差し押さえられた末に、競売で処分されます。大阪ではそのような状態に対処できる業者が多くあります。任意売却と呼ばれる方法でローン返済を行うものです。

住宅ローン滞納が続いた場合、任意売却を行う必要があります。多くの場合ローンが残るので、金融機関は嫌がるものです。そこで大阪にも多く存在する任意売却の専門業者が交渉して、売却に応じてもらうことになります。場合によってはローンの残りを減らして、負担なく返済できるように交渉してくれます。あくまでも生活を立て直すことを目的とするので、決して高値で売却するわけではないことに注意が必要です。このような業者は大阪に多くありますが、できる限り住宅ローン滞納が始まったらすぐに相談することが大事です。けれども競売まで話が進んでしまったとしても、対処してくれる業者もあります。まずは売却について相談することが必要となります。